クオカードの特徴などを紹介

様々なお祝いやお礼品としてよく使われるギフトカードですが、中でもクオカードはよく使われるのではないでしょうか?
かさばらず、クレジットカードなどと同じサイズで財布に入れやすいですが、コンビニ以外ではなかなか使えないという部分がネックです。
使える店舗数は約57000店ですが、JCBギフトカードなどの方が数が多く使いやすいといえば使いやすいかもしれません。
クオカードの特徴などを紹介します。

クオカードってどんな商品券?

クオカードはプリペイドカードの一種で、株式会社クオカードが発行しています。
主にコンビニなどで使用できることはご存知かと思いますが、他には書店やファミレス、ドラッグストアなどの一部店舗で使用できるカードです。
基本的にはギフトとしてつかったり、何かの景品だったり、ビジネスホテルで配られていたりともらう場面の方が多いのではないでしょうか?
額面も幅広く、小額であれば500円や1000円、高額なものだと5000円や10000円のものまであります。
だいたい1000円や500円を景品や賞品として使う人が多いので、人気もこの金額の方が高いでしょう。

クオカードを購入するには?

クオカードを購入するには、ネット注文やFaxでの注文、コンビニで購入するなどいくつかの方法があります。
ギフト用に新しいものが欲しいのであれば、これらの方法で購入するのがおすすめです。
コンビニでの購入が一番簡単で手っとり早いので、中には景品用として購入したことがある人もいるかも知れません。
また金券ショップで購入して使うこともできます。
金券ショップでの購入は、額面より少し低価格で購入ができるので、自分で使ったり友達へのちょっとしたプレゼントなどにおすすめです。

金券ショップにクオカードを売るときの注意点

クオカードには通常ギフト用、広告入り、コンビニ発行のものがあります。
このうち通常ギフト用と広告入りのものは金券ショップで買い取ってもらえますが、コンビニ発行のものはほとんど買取をしてもらえない店が多いです。
理由としては、コンビニ発行のものはレジを通さなければ使えないというものなのですが、稀にレジを通していない盗品が持ち込まれるケースがあり、それを防ぐために買取をしていないのです。
他は広告入りが多少安値になる以外に注意はとくにはありません。