おすすめの商品券。クオカード編。

多くの種類がある金券、その中でもおすすめのものは何があるでしょうか。もちろん、生活環境によって使いやすいものやそうでないものが存在します。
今回はコンビニなどで広く使えるものをご紹介しましょう。

商品券

まずは基本を知っていきましょう。
さまざまなものが存在します。しかし、基本的には限られたお店にて現金と同じ様に使える金券という事になります。
使いきりタイプのものはお釣りが出ない事が多いです。プリペイドタイプのものは、額面に達するまで何度も使用する事が可能になります。
使いやすいのは、プリペイドタイプです。
また、百貨店の商品券であれば、全国何処でも使えるものから、限定されたお店でのみ使えるものが存在します。
使用する場合には、使用できるお店の確認をしましょう。

おすすめしたいもの

さまざまな種類がある中でおすすめしたいのが、使い勝手の良いものです。
有名なのはJCBのギフトカードになります。使えるお店の数が多く、非常に使いやすいです。
こども用品を多く買う子育て世代には、こども商品券がおすすめになります。使えるお店の数も多く、こどもを連れていなくても使用する事が可能です。本を良く買うのであれば、図書カードがいいですね。特定の店舗を日常的に使っているのであれば、そのお店の商品券がおすすめです。
また、プリペイドタイプのものは一回で使いきらなくてもいいので、無駄無く使えて便利なものになります。

クオカード

ここから、プリペイドタイプの商品券をご紹介しましょう。
テレフォンカードに代表されるのが、プリペイドカードです。最近では贈答にも使用されており、クオカードが有名ですね。
使えるお店は全国に57,000店あり、身近なお店で使えるのが魅力になります。コンビニからファミリーレストラン、ドラッグストアで使えるのはもちろん、書店でも使えるので便利です。
デザインはスタンダードなものからオリジナルのものまで作れ、贈答用にも最適。母の日や父の日など、何を贈るか迷っているのであれば、選択肢のひとつにしてもいいですね。

まとめ

商品券はさまざま存在しますが、人によって使い勝手の良いものは違います。しかし、プリペイドタイプのクオカードであれば、どんな人でも使える幅が広いので便利です。また、使えるお店が多くある方が利便性は高くなります。
日ごろの感謝を伝えるのにも最適ですので、贈ってみてはいかがでしょうか。
もちろん、心を込めて選んだ品物も最高の贈り物です。一方で、それを気に入ってもらえるかの不安も付き纏います。それであればいっその事、という考えもあってしかるべきです。
心を込めてあるものなら、きっと喜んでもらえます。