おすすめの商品券とお得な利用方法とは

贈り物として最適なものとは

商品券は贈ったり贈られたりすることも多いものです。
商品そのものではなく、券であれば金額に合わせて自分の好きなものを購入することができるので喜ばれます。
デパートに良く行く方には全国百貨店共通商品券を贈るのもいいですが、あまり行かない人であれば国内にあるスーパーやコンビニでも使用可能なJCBやVJAギフトカードの方がおすすめです。
購入できる場所は、全国百貨店共通商品券は百貨店で、JCBやVJAギフトカードは一部の旅行代理店などで購入できます。
また、金券ショップやネットオークションでも出品があるのでそちらの方が安値で販売されている場合が多いのでお得です。

家族の多い方や両親へのプレゼントには

家族の多い方や両親へのプレゼントとしておすすめの券は旅行券です。
JTB旅行券とJTBナイスギフトがあり、JTB旅行券はお釣りが出るので使用しやすいのですが、使用可能な旅行代理店が決まっているので注意が必要です。
対象の旅行代理店が近くにない場合や、ネットで宿泊先を予約したりする方には使用する機会がないかもしれません。
また普段なかなか旅行に行くことがない両親にプレゼントしてもいいでしょう。

JTBナイスギフトは、百貨店、大型スーパーや家電量販店と使用可能な場所が多いのがメリットですがお釣りがでないというのがデメリットです。

お得に購入する為のポイントとは

商品券の売り場以外で購入する方がお得です。
おすすめはネットでの購入で、出品や買い取りをしている業者もたくさんあるので価格比較がしやすく一番安値で購入できるところを見つけることができます。
ただ、気を付けなければならない点があって、出品業者や買い取り業者には悪徳なところもあるということです。
安心して取引ができる業者かどうかを事前に調べておくことが大切です。

まとめ

贈る時にどれがいいか悩む場合は、贈る相手を思い浮かべ、どの商品券が一番喜んでくれるのかを考えて購入することです。
券を自分なりにラッピングしたり手紙を添えたりしてもいいでしょう。
また、ギフトにおすすめの券としてバークレーヴァウチャーズが出している食事券があり、全国のコンビ二や飲食店で使用できるので贈られた方が利用しやすいです。さらにビール券買取なども利用する事でさらにお得に相手に送る素敵なプレゼントとして最適でしょう。

おすすめの商品券。クオカード編。

多くの種類がある金券、その中でもおすすめのものは何があるでしょうか。もちろん、生活環境によって使いやすいものやそうでないものが存在します。
今回はコンビニなどで広く使えるものをご紹介しましょう。

商品券

まずは基本を知っていきましょう。
さまざまなものが存在します。しかし、基本的には限られたお店にて現金と同じ様に使える金券という事になります。
使いきりタイプのものはお釣りが出ない事が多いです。プリペイドタイプのものは、額面に達するまで何度も使用する事が可能になります。
使いやすいのは、プリペイドタイプです。
また、百貨店の商品券であれば、全国何処でも使えるものから、限定されたお店でのみ使えるものが存在します。
使用する場合には、使用できるお店の確認をしましょう。

おすすめしたいもの

さまざまな種類がある中でおすすめしたいのが、使い勝手の良いものです。
有名なのはJCBのギフトカードになります。使えるお店の数が多く、非常に使いやすいです。
こども用品を多く買う子育て世代には、こども商品券がおすすめになります。使えるお店の数も多く、こどもを連れていなくても使用する事が可能です。本を良く買うのであれば、図書カードがいいですね。特定の店舗を日常的に使っているのであれば、そのお店の商品券がおすすめです。
また、プリペイドタイプのものは一回で使いきらなくてもいいので、無駄無く使えて便利なものになります。

クオカード

ここから、プリペイドタイプの商品券をご紹介しましょう。
テレフォンカードに代表されるのが、プリペイドカードです。最近では贈答にも使用されており、クオカードが有名ですね。
使えるお店は全国に57,000店あり、身近なお店で使えるのが魅力になります。コンビニからファミリーレストラン、ドラッグストアで使えるのはもちろん、書店でも使えるので便利です。
デザインはスタンダードなものからオリジナルのものまで作れ、贈答用にも最適。母の日や父の日など、何を贈るか迷っているのであれば、選択肢のひとつにしてもいいですね。

まとめ

商品券はさまざま存在しますが、人によって使い勝手の良いものは違います。しかし、プリペイドタイプのクオカードであれば、どんな人でも使える幅が広いので便利です。また、使えるお店が多くある方が利便性は高くなります。
日ごろの感謝を伝えるのにも最適ですので、贈ってみてはいかがでしょうか。
もちろん、心を込めて選んだ品物も最高の贈り物です。一方で、それを気に入ってもらえるかの不安も付き纏います。それであればいっその事、という考えもあってしかるべきです。
心を込めてあるものなら、きっと喜んでもらえます。

クオカードの特徴などを紹介

様々なお祝いやお礼品としてよく使われるギフトカードですが、中でもクオカードはよく使われるのではないでしょうか?
かさばらず、クレジットカードなどと同じサイズで財布に入れやすいですが、コンビニ以外ではなかなか使えないという部分がネックです。
使える店舗数は約57000店ですが、JCBギフトカードなどの方が数が多く使いやすいといえば使いやすいかもしれません。
クオカードの特徴などを紹介します。

クオカードってどんな商品券?

クオカードはプリペイドカードの一種で、株式会社クオカードが発行しています。
主にコンビニなどで使用できることはご存知かと思いますが、他には書店やファミレス、ドラッグストアなどの一部店舗で使用できるカードです。
基本的にはギフトとしてつかったり、何かの景品だったり、ビジネスホテルで配られていたりともらう場面の方が多いのではないでしょうか?
額面も幅広く、小額であれば500円や1000円、高額なものだと5000円や10000円のものまであります。
だいたい1000円や500円を景品や賞品として使う人が多いので、人気もこの金額の方が高いでしょう。

クオカードを購入するには?

クオカードを購入するには、ネット注文やFaxでの注文、コンビニで購入するなどいくつかの方法があります。
ギフト用に新しいものが欲しいのであれば、これらの方法で購入するのがおすすめです。
コンビニでの購入が一番簡単で手っとり早いので、中には景品用として購入したことがある人もいるかも知れません。
また金券ショップで購入して使うこともできます。
金券ショップでの購入は、額面より少し低価格で購入ができるので、自分で使ったり友達へのちょっとしたプレゼントなどにおすすめです。

金券ショップにクオカードを売るときの注意点

クオカードには通常ギフト用、広告入り、コンビニ発行のものがあります。
このうち通常ギフト用と広告入りのものは金券ショップで買い取ってもらえますが、コンビニ発行のものはほとんど買取をしてもらえない店が多いです。
理由としては、コンビニ発行のものはレジを通さなければ使えないというものなのですが、稀にレジを通していない盗品が持ち込まれるケースがあり、それを防ぐために買取をしていないのです。
他は広告入りが多少安値になる以外に注意はとくにはありません。

ぐるなびギフトカードはどんな商品券?

ぐるなびギフトカードというものをご存知ですか?
グルメ系の商品券ならジェフグルメカードがありますが、このぐるなびギフトカードも同じように、加盟店で使うことができる金券です。
一体どのような商品券なのか、紹介します。

ぐるなびギフトカードの特徴は?

ぐるなびギフトカードは、グルメ口コミサイトのぐるなびから発行されている商品券です。
ぐるなびと提携している店舗で利用できるので、全国各地で非常に幅広い、さまざまな飲食店で使えるのが特徴でしょう。
口コミをぐるなびで確認し、ぐるなびギフトカードで食事をするということもできますし、食事が好きな人へのプレゼントにも使えます。
額面は500円、1000円、5000円、10000円の4種類があり、景品として手に入れたらそのまま皆で食事に行くというのも魅力的です。
クオカードなどと違う点は、基本的に飲食店でのみ使うことができるという点です。
また使える店舗も多くはチェーン店で、個人経営の飲食店などでは使えない場合があります。
またこの商品券には2年程度の有効期限があることと、おつりは出ないことに注意しましょう。

ぐるなびギフトカードを購入するには?

ぐるなびギフトカードを購入するには、ネット販売で購入するか、店頭販売を利用するか、ローソンやミニストップなどのコンビニで発行購入する方法があります。
ネット販売では銀行振込みや代金引換、ローチケであればクレジットカードでの購入ができます。
店頭販売やコンビニで発行購入する場合は現金を使用することが多いでしょう。
他には、金券ショップで取扱がされているケースもあるので、最寄の金券ショップで取扱をしているかどうか聞くのも手です。

金券ショップで取引する場合は?

中には、もらってもあまり外食をしないなどの理由から金券ショップで売買することになる人もいるかもしれません。
金券ショップに持ち込んだ場合、他の商品券に比べれば買取価格は低くなるでしょう。
金券ショップで販売される場合は、だいたい94〜96%くらいになります。
人気なのは簡単な食事などでも使いやすい500円と1000円のもので、5000円や10000円はより安くなっている場合もあるようです。
もし近々パーティなどで使用するあてがあるのであれば、5000円や10000円券もおすすめです。

VJAギフトカードの特徴と購入方法

みなさんはVJAギフトカードをもらったことはありますか?
以前はVISAギフトカードとして使われていましたが、今は名称が変わり、利用できるお店も増えて、非常に便利になっています。
おすすめ商品券として挙げられる、VJAギフトカードを紹介しましょう。

VJAギフトカードってどんな商品券?

JCBのギフトカード同様、多くの場所で使えることが魅力の一つです。
クレジットカード会社のVJAが発行しているので、VJAのカードが利用できる加盟店で使用することができます。
それは大手スーパーやデパートはもちろん、ショッピングモールやファッション、家電量販店、インテリアショップ、飲食店や専用店などで利用できるのです。
ホテルや飲食店などで一部利用できないお店もありますが、利用できるエリアの広さ的には問題ないでしょう。
また、場所や時期によってはたまたま会計をしてくれた店員さんが、VJAカードを使えるかどうか知らなかったというケースもあるため、カードを出す前に使えるかどうかを事前に聞いておいたほうがいいかもしれません。

VJAギフトカードを購入するには?

VJAギフトカードの購入には、ネット通販という方法、スーパーやデパート、ショッピングモールのサービスカウンターで購入する方法、金券ショップで購入する方法などがあります。
ネット通販には専用のサイトがあり、そこで贈り物用かゴルフコンペ用のどちらかを選び、必要事項を記入して注文すると、宅配便で指定の場所に届くでしょう。
代金は銀行振込みか、UCのクレジットカードでのお支払いとなります。
大手スーパーやデパート、ショッピングモールのサービスカウンターで購入する場合は、現金でのみのお支払いになりますが、熨斗が無料かつ包装用の小箱などが無料になっている店舗もあるので、箱が欲しい人やパソコンが苦手な人はこちらがおすすめです。
VJAも他の会社同様、直接の販売店舗などはないので気をつけましょう。
金券ショップで購入する場合は、ラッピングなどができない店舗もあるので注意してください。
しかしJCBのギフトカードより需要が落ち着いているVJAギフトカードは、在庫過多になり安めに販売されているケースもあります。
ですので時期を見つつ、賢く買い物しましょう。

Amazonギフトカードを紹介!

日本にもすっかり浸透し、毎日のように便利にネット通販ができる大型通販サイト、Amazonには、ギフトカードがあります。
Amazonギフトカードは購入した金額通りの額面で、Amazon通販サイト内で買い物ができるカードです。
どんなギフトカードなのか、紹介しようと思います。

Amazonギフトカードってどんな商品券?

このカードは自分で購入して使う人が多いのではないでしょうか?
Amazonで商品を購入する際、クレジットカードを使用する以外にも、コンビニなどでこのギフトカードを購入して入金し、それを使って買い物をするという方法もあるからです。
もちろんギフトとしても使えますから、商品券の贈り物をする時の選択肢としても非常におすすめです。
いまやインターネット通販の大手として利用者も多いサイトですから、もらって困るという人はそういません。
有効期限も購入してから10年と、非常に長いものです。
また、手数料などもかかりませんから、Amazonをよく使う人には非常に便利で、使いやすいギフトカードと言えるでしょう。

Amazonギフトカードは種類が多い

またAmazonギフトカードは、作られている種類が7種類とかなり多いのも特徴と言えます。
一番良く使われているであろう種類は、コンビニなどで購入できる、カードタイプの実物ギフトカードです。
額面は3000円、5000円、10000円などの固定のものから、1500〜50000円と範囲内であれば自由に額面を決められるタイプもあります。
自分で使うならチャージタイプもオススメです。
他にはギフト向けに、Eメールタイプやボックスタイプ、グリーティングカードタイプ、封筒タイプや印刷タイプなどのラインナップがあります。

金券ショップでは使えない!?

こんなに便利で需要があれば、金券ショップでも使えると思いがちですが、金券ショップでは基本的に取扱はしていません。
なぜなら使用済みのものを持ち込まれる可能性が高く、それを買ってしまえば損にしかならないからです。
また同じ理由でフリマアプリやオークションサイトなどでも、使用済みの偽物が販売されていたり、定価よりも高額で販売されているケースがあるので、購入するのはやめておいたほうが良いでしょう。
Amazonギフトカードはネットでもコンビニでも購入できるので、そちらがおすすめです。

JCBギフトカードの特徴と購入方法

何かのお祝いや記念品、おまけとしてもらうことの多い商品券といえば、JCBギフトカードです。
このJCBギフトカードは、誰かへのプレゼントとしておすすめなのはもちろん、金券ショップで購入して使ったり、売っても換金率が比較的高いので便利な商品券でもあります。
JCBギフトカードの特徴などの情報などをまとめました。

JCBギフトカードってどんな商品券?

JCBギフトカードとは、クレジットカードを発行しているJCBが発行する商品券です。
利用できるお店が非常に多いのが特徴で、JCBカードに加盟しているコンビニ以外のほとんどのお店で使用することができます。
例えば、大手のスーパーやデパート、ショッピングモール、家電量販店やインテリアショップ、ホームセンター、飲食店、その他さまざまな専門店などでも使用できるのです。
全国展開されているお店でJCBカードが使える場所なら、ほとんどのお店で利用できると考えていいでしょう。
額面は多くが1000円のものですが、5000円のギフトカードもあります。
1000円のものを何かのお礼やちょっとしたお祝い事に、入学祝いや卒業祝いなど、特別なお祝いに5000円を送るのが一般的なようです。

JCBギフトカードを購入するには?

公式サイトからネット通販をする方法と、店舗で購入する方法、金券ショップから購入する方法があります。
公式サイトからは、贈答用やご自宅用、ゴルフ用と2種類に分かれていて、注文を行った後はJCBクレジットカードか銀行振込みで代金を支払う方法です。
のし紙やカードケース、紙箱、メッセージギフトケースなどがあり、紙箱とメッセージギフトケースの場合は若干の料金がかかります。
店舗で購入したい場合は、デパートや大手スーパー、ショッピングモールなどのサービスカウンターで注文するのが良いでしょう。
JCBには実店舗がないので、サービスカウンターへ行った方が確実に購入できます。
ただ、現金でしか支払いができないので注意しましょう。
金券ショップで購入する場合は、事前に何枚購入したいのかを電話などで店舗に連絡するのをおすすめします。
もし大量に必要な場合、その枚数が揃っていない可能性があるからです。
また現金でしか購入できないこと、ほとんどの場合カードケースなどはつかないことに気をつけてください。

商品券の中から特に贈り物におすすめしたいものとは?


贈り物や景品などで利用されることの多い商品券ですが、その種類は非常に多く、用途が限定されているものから幅広く買い物に利用できるものまで様々です。
そんな商品券やギフトカードの中から、贈り物におすすめのものをいくつかご紹介します。

商品券は贈り物に利用しやすく人気があります

例えばパーティーなどのゲームの景品を選ぶ時やお祝いなどで贈り物をしたいという場合に、相手が喜んでくれるものを考え、予算の中で購入できるものを探して店舗を回り、となかなか手間がかかります。
もしかしたら相手の趣味に合わないかもしれない、持っているものかもしれない、そんな心配ごとがあるのも難しい点です。
もし品物に迷ってしまうようでしたら、商品券やギフトカードを選ぶことをおすすめします。
予算に合わせて購入でき、相手は自分の趣味で選んだ品物を購入できますのでとても喜ばれる贈り物になるのです。

買い物に便利なクレジットカード会社の商品券

このように、贈り物にすると喜ばれる商品券ですが、一体どんな商品券を選ぶのがいいのでしょう。
まずは幅広い買い物に利用できる全国共通の百貨店で利用できる商品券やクレジットカード会社の商品券です。
こちらは様々な店舗で利用でき、都合のいい場所で好きなものを購入できる為使い勝手がよく人気の高い商品券です。
特に若い方には百貨店よりも大型ショッピングセンターなどでも利用できるクレジットカード会社系の商品券がいいでしょう。
また、特定の服飾品店で利用できるものや、近年ではインターネットでの買い物に利用できるギフトカードも販売されています。
利用しやすい店舗から選択してみてください。

趣味に使えるギフトカードもおすすめです

商品券やギフトカードは買い物に利用できるだけではありません。
例えば、音楽が好きな方には音楽をダウンロード購入ができるもの、ゲームが好きな方にはゲームがダウンロード購入できるプリペイドカードが選択肢の一つとして挙げられます。
また、外食する際に加盟しているレストランで使えるシェフグルメカードや、カフェのチェーン店で利用できるギフトカードもあり、出かけることが多い方に喜ばれることでしょう。
学生さんでしたら図書カードや、小さいお子様にはおもちゃ店のギフトカードをおすすめします。
このように、日常の買い物だけではなく、趣味や楽しみに使えるギフトカードは、とても素敵な贈り物になるのです。

まとめ

予算によって選ぶことができ、相手に好みのものを購入してもらえる商品券やギフトカードは贈り物におすすめです。
買い物に利用できるだけではなく、音楽やゲーム、本など贈る相手によって趣味のものを選ぶとより喜ばれるでしょう。

おすすめの商品券。Amazon編。


商品券と聞いた時、どの様なものを思い浮かべるでしょうか。特定の店舗のものや、クレジットカード会社のギフトカードが存在します。
最近、さまざまな商品券が流通しており、使用用途はさまざまです。
今回はおすすめの商品券をご紹介しましょう。

商品券

金券の一種で、現金と同じ様に買い物ができるものです。お釣りが出せないタイプや、券面の金額を使いきるまで使えるものまであります。
代表的なものとして百貨店の商品券や、クレジットカード会社のギフトカード、図書券、ビール券、お米券などです。

おすすめの商品券

まずおすすめしたいのが、JCBのギフトカード。使いきりタイプのもので、使用可能店舗が多くあり、誰でも使える利点が魅力的ですね。
JCB加盟店であれば、百貨店であれスーパーであれ、レストランやホテルでも使えて便利です。
券種は1,000円、5,000円になります。

おすすめの商品券

次に、こども商品券です。おすすめの点は、出産祝い以外にも、こどものお祝いならいつでも贈れる事になります。
他のギフトカードをお祝いにしても問題は無いです。しかしこども商品券であれば、こどもの為に使えるのでおすすめになります。
加盟店でおもちゃを買うのに使用したり、服を買うのに使ったりと、何かと費用のかかるものが買えるので、喜ばれます。
他にも、遊園地や水族館、動物園などで使えるのも魅力的です。

おすすめの商品券

最後にAmazonの商品券のお話をしましょう。
ご存知Amazonでは、さまざまな品物を取り扱っております。利用している人もかなり多いです。
そんな品揃えを誇るお店の商品券であれば、喜ばれる事間違いなしですね。
券種も多く、eメールタイプ、印刷タイプ、グリーティングカードタイプ、商品券タイプ、封筒タイプ、ボックスタイプ、マルチパックと揃えられております。
贈答用にも対応しており、誕生日やお祝い、内祝いにも便利です。
また、予算が決まっていれば品物を選ぶ時間も短縮可能で、相手の好みがよくわからない時などにも適しています。

まとめ

おすすめのものをご紹介しました。自分用であれ贈答用であれ、使い勝手の良いものが好まれます。
誕生日、出産祝い、入園入学祝い、卒業祝い、就職祝い、更には歓送迎会などのちょっとしたイベントにも最適です。
品物にすると、相手が気にいるかを気にするあまり選ぶのに時間がかかったり、選びきれなくて迷ってしまったりします。もちろん、それが悪いことではありません。
しかし商品券であれば、予算が決まっていれば買うだけです。あとは相手が好きなものを購入できる利点が生まれます。
そういった事を加味し、贈ってみてはいかがでしょうか。

金券ショップにて品揃えされているお買物券の中で、高い人気とおすすめの商品券やギフト券について


巧みに金券ショップを利用すれば、お買物がお得となり節約に結びつきます。
金券ショップで購入した商品券やギフト券は当然、普段の生活から特別な機会のお買物や食事等のお支払いに用いることができる金券です。
金券ショップの商品券やギフト券に関して、お得な一面やおすすめ等について、レポートいたします。

金券ショップで高額査定されるお買物券とは

欲しい物がなく使用予定のない商品券やギフト券が貯まった際、金券ショップに持ち込み、買取をおすすめします。
買取を依頼した商品券やギフト券等のお買物券によっては、高額で査定されるケースがあります。
そのお買物券は、全国百貨店共通商品券です。
これは、全国百貨店協会に加盟している全国の百貨店で使用できる商品券なので利便性が高く、人気となっています。
次に、鉄道会社から発売されている商品券です。
この商品券は百貨店を含め提携先の商業施設やホテル、レストランなど数多くの店舗で使用ができるお買物券です。

最後に、依然として人気が高い、大手旅行会社が発売している旅行商品券です。
旅行会社のツアー商品申し込み時に、使用できることから、そのお得さが人気となっています。
このように、お買物の使用範囲が広く、ギフトで貰っても嬉しい商品券は、市場で人気が高く高額査定の対象となりやすいためおすすめです。

ギフト券の特徴を把握した賢いお買物

金券ショップで取り扱いされているおすすめのお買物券は、ずばりクレジット会社が発行しているギフト券です。
クレジット会社のギフト券として有名な金券に、JCBギフトカードがあります。
このギフト券の特徴は、全国の量販店やデパート、また多くのカテゴリーショップ、大手外食チェーン店等幅広いチャネルの店舗で使用できることです。
そのため、金券ショップでは、品揃えの中心となり、買取を依頼した場合も高額査定が見込めます。
また、事前に金券ショップでJCBギフトカードを購入すると、お得なお買物が可能です。
それはギフト券の額面を下回る金額で購入し、支払い場面では額面使用となるからです。
従って、ギフト券の効果的利用として、高額商品のお買物におすすめいたします。

外食チェーンの商品券は家族で利用でき、とてもおすすめ

金券ショップで人気の商品券として、ファミリーレストランや焼肉レストラン等を運営している大手外食チェーンが発売しているお食事利用券があります。
金券ショップで販売されている利用券も額面より安い価格で手に入れることができます。
とても、お得感があり利用者より好評を得ています。

まとめ

金券ショップの商品券やギフト券等お買物券は、魅力の塊です。
その魅力を知れば、お得なお買物により節約生活が実現すると共に、より身近に金券ショップの利点を感じるようになります。